【 祝・生誕900年! 】2018年は平清盛関連イベントで盛り上がろう!

永久6年(1118)1月18日に生まれた平清盛。2018年は生誕900年という記念すべき年でもあります。そんな清盛イヤーならではのイベントが、ゆかりのある宮島(広島県)や、神戸(兵庫県)で開催。歴史ファンならずとも見逃せない、イベントの内容をご紹介いたします。 宮島では1年間平家づくし! 武士がまだ貴族の番犬でしかなかった時代。実力で日本の覇者に上り詰めた奇跡の男・平清盛。特に、今まで天下の大悪人として描かれてきた平清盛を、先見的で躍動… Continue reading

【 東京大学の源流のひとつ 】幕府直轄から近代教育の礎となった昌平坂学問所

現在の御茶ノ水駅の近く、東京都文京区湯島にある「近代教育発祥の地」の碑。江戸時代、この地には昌平坂学問所という幕府直轄の教学機関がありました。明治維新後は政府に引き継がれ、のちに東京大学などへ発展したことから、こう呼ばれています。現代にもつながる昌平坂学問所の歴史とは? もともとは儒学の私塾が始まり 江戸時代初期に活躍した儒学者・林羅山は寛永9年(1632)上野忍が岡(現在の上野恩賜公園)の私邸内に孔子を祀る孔子廟や私塾などを作り、のち… Continue reading

【 鍋島直正、大隈重信らを輩出 】幕末維新を牽引した肥前国佐賀藩の実力

鍋島直正や大隈重信など「佐賀の七賢人」と呼ばれる多くの偉人を輩出し、幕末維新を牽引した肥前国佐賀藩。明治維新から150年の今年、佐賀県では、幕末維新期に活躍した佐賀の偉人や偉業を未来に伝えていく「肥前さが幕末維新博覧会」が開催されます。2018年3月17日(土)~2019年1月14日(月・祝)という長期間に渡る一大イベントの見どころを、いち早くご紹介します。 佐賀藩も国も引っ張った藩主・鍋島直正 動乱の幕末維新期に国内最先端の科学技術を… Continue reading

【 江戸城を築いた武将 】有能すぎて暗殺された!?太田道灌と動乱の江戸

室町時代、扇谷上杉家の家宰で、江戸城を築いたことで知られる太田道灌。彼の生涯と中世の江戸に関する資料を取り上げ、15世紀後半の関東の戦乱について紹介する企画展「太田道灌と江戸」が国立公文書館で開催されています。道灌についてはもちろん、徳川家康が入る前の江戸がわかる貴重な展示の見どころをご紹介します。 有能がゆえに謀殺された?悲劇の武将 太田道灌は、永享4年(1432)、関東管領上杉氏の一族・扇谷上杉家の家臣の家に生まれました。関東管領と… Continue reading