【 武田、真田、北条 】有名人も参戦!この春おすすめの武将祭り3連発

春になると全国各地で開催される武将祭り。有名人が参加したり、周年を前に盛り上がりを見せるなど、見逃せないものばかり。今回は編集部おすすめの3つをご紹介。各々準備はぬかりなく! 最大級の武者行列!「信玄公祭り」 武将祭りの中でも最大級の規模を誇る「信玄公祭り」。武田信玄の遺徳を偲び、命日(4月12日)前の4月6日(金)〜8日(日)に山梨県甲府市にて開催されます。 目玉はやはり甲州軍団出陣。今年は7日(土)に開催され、13時20分より武田神… Continue reading

【 有能な水戸藩士が犠牲に… 】幕末最大の悲劇・天狗党の乱

「水戸学」という思想体系を背景に、幕末の尊王攘夷運動の先頭に立っていた水戸藩。ところが、明治政府の重要ポストに、藩出身者の姿を見ることはありませんでした。吉田松陰や西郷隆盛にも影響を与えた水戸藩が、なぜ往時の勢いを失ってしまったのか。その大きな原因となった、幕末最大の悲劇ともいわれる天狗党の乱についてご紹介します。 水戸藩の尊攘志士・天狗党 「天狗党」とは、幕末期の水戸藩で活躍した尊王攘夷派のことを指します。 では、なぜ「天狗」なのかと… Continue reading

【 初日は入場無料! 】江戸東京博物館が4/1に再オープン!

現在、改修中の江戸東京博物館(東京都墨田区)が4月1日(日)より再オープン。江戸と東京の歴史の知識を深められる場所として、歴史ファンからはもちろん、海外からも注目を集める博物館がさらにパワーアップ!気になる見どころと、再オープンを記念して行われるイベントの内容をご紹介します。 4/1から1週間は再オープンWeek 江戸・東京の歴史と文化を振り返り、未来の都市と生活を考える場所として1993年に開館した江戸東京博物館。今回の再オープンでは… Continue reading

【 帰国してから大変だった!?】天正遣欧少年使節のその後

天正10年(1582)、キリシタン大名である大友宗麟・大村純忠・有馬晴信の名代としてヨーロッパへ派遣された天正遣欧少年使節。キリスト教への信仰を胸に旅立った彼らですが、帰国後、日本国内でのキリスト教を取り巻く状況は一変していました。厳しい環境の中、彼らはどんな道を歩んだのか。4人の少年たちのその後をご紹介します。 天正遣欧少年使節とは? 天正遣欧少年使節は当初、日本に布教に来たイエズス会修道士ヴァリニャーノの発案によるものでした。その目… Continue reading

【姫路城、高遠城、高田城 】城と桜が楽しめる!全国桜まつり3選

春といえばなんといってもお花見!全国的に見頃を迎える4月は、全国各地で桜まつりが開催されます。その中でも特に城ファン&歴史ファンにおすすめの桜まつりを厳選してご紹介します。 国宝天守&桜の最高コンビ 世界遺産であり、桜の名所として人気の高い国宝天守・姫路城(兵庫県)。ソメイヨシノを中心にシダレザクラ、ヤマザクラなど約1000本の桜が植えられ、白亜の天守を彩ります。 今年の見頃は4月上旬から中旬で、4月7日(土)には、琴演奏などのステージ… Continue reading

【 今年は3/25に開催 】「春を呼ぶ宮島清盛まつり」で平清盛の生誕900年を祝おう!

毎年3月に、宮島(広島県)で行われる「春を呼ぶ宮島清盛まつり」。平清盛の生誕900年にあたる今年は3月25日(日)に開催されます。例年以上に盛り上がること確実なおまつりの内容のほか、今後のイベントの予定もご紹介します。 まるで平安絵巻のような行列 宮島の繁栄を築いた平清盛と平家一門の「厳島神社参詣行列」をモチーフに、総勢300名以上の行列が再現されるおまつり。 当日は清盛公の「いざ!出立!」の発声を合図に、13時より稚児から白拍子、公達… Continue reading

【三国志ドラマの決定版】「三国志 Three Kingdoms」2018年4月放送スタート!

劉備、関羽、諸葛亮、曹操、孫権・・・誰もが一度は聞いたことのある武将たちが活躍する「三国志」。その「三国志」を総製作費25億円、延べ15万人を超えるエキストラを起用して撮影されたのが中国歴史ドラマ「三国志 Three Kingdoms」だ。“赤壁の戦い”や“官渡の戦い”といった歴史的な大戦のアクションシーンと英雄たちの人間ドラマが複雑に絡み合うこの超大作を、チャンネル銀河では2018年4月より放送する。 乱世を駆け抜けた男たちの壮大な物… Continue reading

【 幕末の勤王家 】西郷隆盛が師と仰いだ水戸藩士・藤田東湖とは?

江戸末期、薩摩藩や長州藩に先駆け、尊王攘夷運動の先頭に立っていた水戸藩。そして、幕末の勤王志士たちに直接的な影響を与えたのが水戸藩士・藤田東湖です。あの西郷隆盛が心の師にしたともいう藤田東湖とはどんな人物だったのか、西郷との交流を通してご紹介します。 水戸藩主・徳川斉昭の側近として活躍 文化3年(1806)3月16日に生まれた東湖は、18歳で家督を継ぐと、はじめは水戸藩の史局である彰考館に務めます。その後、徳川斉昭の藩主就任の際には、斉… Continue reading

【札幌で愛され続ける判官さま】北海道開拓の父・島義勇

北海道は、2018年に命名150年を迎えました。これを記念し、「ほっかいどう百年物語」という番組でこれまで数多くの北海道の偉人たちを紹介してきたSTVラジオによる連載企画がスタート。第1弾は、北海道開拓の父と呼ばれる島義勇(しまよしたけ)です。 島義勇は北海道開拓使の初代長官として、開拓に深く関わった人物です。この開拓使判官というのは、長官、次官に次いで決定権を持ち、実質的に事業を指揮する地位でした。 札幌都市計画の骨格を作る 札幌市を… Continue reading