江戸切子の名工が切り出したダイナミックな作品が一堂に会する「第30回江戸切子新作展」 – MdN Design Interactive

MdN Design Interactive江戸切子の名工が切り出したダイナミックな作品が一堂に会する「第30回江戸切子新作展」MdN Design Interactive2018年4月6日(金)から3日間にわたり、東急プラザ銀座 6Fのキリコラウンジにて「Love Nippon! 江戸切子桜祭り2018 〜第30回江戸切子新作展〜」が開催される。江戸切子協同組合によるイベントで、第30回を記念する開催。江戸切子協同組合の地元である江東区以外が舞台となるのは、今回の東急プラザ銀座会 …… Continue reading

ご存知ですか? 3月28日は江戸東京博物館が開館した日です – 文春オンライン

文春オンラインご存知ですか? 3月28日は江戸東京博物館が開館した日です文春オンライン25年前のきょう、1993(平成5)年3月28日、東京・両国(墨田区)に東京都江戸東京博物館が開館した。この博物館は江戸・東京の歴史と文化を振り返り、未来の都市と生活を考える場として、両国駅の貨物駅跡地を利用して建設されたもの。常設展では江戸・東京の歴史と文化が、実物資料のほか復元模型もふんだん …and more »… Continue reading

ご存知ですか? 3月28日は江戸東京博物館が開館した日です|ニフティ … – ニフティニュース

ニフティニュースご存知ですか? 3月28日は江戸東京博物館が開館した日です|ニフティ …ニフティニュース25年前のきょう、1993(平成5)年3月28日、東京・両国(墨田区)に東京都江戸東京博物館が開館した。この博物館は江戸・東京の歴史と文化を振り返り、未来の都市と生活を考える場として、両国駅の貨物駅…… Continue reading

回転窓/江戸の「御船橋」づくり [2018年3月28日1面] – 日刊建設工業新聞社

回転窓/江戸の「御船橋」づくり [2018年3月28日1面]日刊建設工業新聞社江戸時代に将軍が日光社参や鷹(たか)狩りへと向かう際、川にいくつもの船を連ねて架けた仮橋は「御船橋」と呼ばれたという。どのような橋であったかが分かる貴重な絵図や史料を、千葉県野田市の上花輪歴史館が展示している▽嘉永2(1849)年、鷹狩りのため江戸川に架けられた御船橋は、長さ約131メートル …… Continue reading

変遷たどる 飛鳥~江戸時代、着用方法も再現 明日香・万葉文化館 /奈良 – 毎日新聞

毎日新聞変遷たどる 飛鳥~江戸時代、着用方法も再現 明日香・万葉文化館 /奈良毎日新聞飛鳥・奈良時代から江戸時代までの女性の装束や、装いが分かる日本画など約80点を展示した「万葉の装い-額田王から淀殿、そして今へ」が、明日香村飛鳥の県立万葉文化館で開かれている。5月6日まで。 展示される衣装は、昭和初期に染織業の振興を目的に京都市内で開かれた「染織祭」の衣装行列 …… Continue reading

変遷たどる 飛鳥~江戸時代、着用方法も再現 明日香・万葉文化館 /奈良 – 毎日新聞

変遷たどる 飛鳥~江戸時代、着用方法も再現 明日香・万葉文化館 /奈良毎日新聞飛鳥・奈良時代から江戸時代までの女性の装束や、装いが分かる日本画など約80点を展示した「万葉の装い-額田王から淀殿、そして今へ」が、明日香村飛鳥の県立万葉文化館で開かれている。5月6日まで。 展示される衣装は、昭和初期に染織業の振興を目的に京都市内で開かれた「染織祭」の衣装行列 …… Continue reading

満開の桜と“粋”を満喫! 東京・白金台で『八芳園 Spring Festival2018 … – るるぶNEWS

るるぶNEWS満開の桜と“粋”を満喫! 東京・白金台で『八芳園 Spring Festival2018 …るるぶNEWS2018年3月19日(月)から4月15日(日)にかけて、東京・白金台で『八芳園 Spring Festival2018“粋”大江戸、爛漫』が開催。同イベントでは満開の桜を眺めながら、1日を通してさまざまなイベントを体験できます。今年は“粋”なお花見で春を満喫してみてはいかが? ※画像は「桜特別ライトアップ PINK LIGHT UP …and more &raqu… Continue reading

【錦絵版】江戸のお花見、名所めぐり! – ウェザーニュース

ウェザーニュース【錦絵版】江戸のお花見、名所めぐり!ウェザーニュースお花見の風習が広まったのは江戸時代でした。3代将軍家光、8代将軍吉宗らが各地に桜を植えさせ、江戸の人々の春の娯楽にしたとされます。その江戸ではどのようなお花見をしていたのか、当時の風俗を描いた錦絵で紹介します。(上の錦絵は「千代田大奥御花見」). 江戸の初期から名所だった上野. box0 …… Continue reading

【錦絵版】江戸のお花見、名所めぐり! – ウェザーニュース – ウェザーニュース

ウェザーニュース【錦絵版】江戸のお花見、名所めぐり! – ウェザーニュースウェザーニュースお花見の風習が広まったのは江戸時代。3代将軍家光、8代将軍吉宗らが各地に桜を植えさせ、江戸の人々の春の娯楽にしたとされます。その江戸ではどのようなお花見をしていたのか、当時の風俗を描いた錦絵で紹介します。and more »… Continue reading

高砂で「歌声ひろば」イベント 江戸期建造の土蔵で「童謡唱歌・歌謡曲」17曲を合唱 – 佐賀経済新聞

佐賀経済新聞高砂で「歌声ひろば」イベント 江戸期建造の土蔵で「童謡唱歌・歌謡曲」17曲を合唱佐賀経済新聞高砂の「松宗蔵(まっそうくら)」(高砂市高砂町)で3月25日、イベント「歌声ひろば」が開催された。主催は「高砂ぺんぎん舎」。 松宗蔵は、1823年(文政6年)に建てられた国の有形文化財。もともと商品の特産物を保管する蔵として使われていたが、2007年、作品展示や演奏会など地域のイベントに活用できる場所として …… Continue reading