江戸期の倉敷、様相を知る 玉島乙島地区の庄屋・守屋家文書 来月4日開催、受講者を募集 /岡山 – 毎日新聞

江戸期の倉敷、様相を知る 玉島乙島地区の庄屋・守屋家文書 来月4日開催、受講者を募集 /岡山
毎日新聞
同市には守屋家文書約1万6000点が寄贈され、整備室が調査中。江戸期の玉島地区の様相が詳しく分かるほか、一族出身で、書家として全国に弟子をもった守屋〓啓関連史料では、各地の旗本や大名の書状なども含まれる。 資料代200円。希望者は〒710-1398 同市真備町箭田1141の1の同整備室に往復

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。