うつ、災害、テロ――江戸時代の人々は病とどう向き合ったのか? – ダ・ヴィンチニュース


ダ・ヴィンチニュース

うつ、災害、テロ――江戸時代の人々は病とどう向き合ったのか?
ダ・ヴィンチニュース
うつ状態の同僚の欠勤・早退がつづいたために、彼のフォローをするべく職場で勤務体制の見直しが図られた――現代の話ではない、江戸時代のとある職務記録に綴られていたできごとだ。現代を生きるわたしたちの身近にあるさまざまな「病」は、江戸時代にはどのように向き合われていたのか。これが『病とむきあう

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。