江戸期衰退説覆す 全国の大名から注文書、鍛冶屋敷に古文書1万点 堺市と関西大調査 /大阪 – 毎日新聞

江戸期衰退説覆す 全国の大名から注文書、鍛冶屋敷に古文書1万点 堺市と関西大調査 /大阪
毎日新聞
江戸時代初期に建てられた鉄砲の生産現場として全国で唯一残る堺市の鉄砲鍛冶(かじ)屋敷から約1万1700点の古文書が見つかった。この屋敷に住む鉄砲鍛冶・井上関右衛門家が全国の旗本や大名、猟師らから1752(宝暦2)~1871(明治4)年に受けた注文件数が年最大で約330丁あったことが分かり、江戸

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。