風流な商人の屋敷か 平安京跡で江戸初期の石敷き路地跡出土 水だめ施設は金魚観賞用の可能性 – 産経ニュース

風流な商人の屋敷か 平安京跡で江戸初期の石敷き路地跡出土 水だめ施設は金魚観賞用の可能性
産経ニュース
京都市中京区頭町の平安京跡で、江戸時代初頭の17世紀前半に商人が住んでいたとみられる屋敷跡から石敷きの路地跡や溝跡、金箔(きんぱく)瓦などで壁面が組まれた水だめ施設跡が出土した。建物跡は出ていないが、出土した遺物の中には国内外の高級陶磁器も含まれ、調査した民間団体「古代文

and more »

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。