発祥は江戸?明治?―丹波杜氏の代名詞「灘の生酛造り」の歴史を紐解く – SAKETIMES (プレスリリース) (ブログ)


SAKETIMES (プレスリリース) (ブログ)

発祥は江戸?明治?―丹波杜氏の代名詞「灘の生酛造り」の歴史を紐解く
SAKETIMES (プレスリリース) (ブログ)
多聞院日記』によると、三段仕込みに初めて成功したのは永禄11年(1568年)。当時、生酛造りの原型がすでに存在したようで、清酒の発祥といわれる南都諸白の時代でも、壺や甕(かめ)ではなく木桶を使った仕込みや暖気樽による加温が行われていることから、現代の生酛造りに近い方法が行われていたのかもしれ

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。