伊賀、農民も情報収集? 幕末の旅日記を発見 – 読売新聞


読売新聞

伊賀、農民も情報収集? 幕末の旅日記を発見
読売新聞
戦国時代に暗躍した伊賀忍者は、徳川幕府に「伊賀者」として仕え、江戸周辺の伊賀領を支配した。三重大学国際忍者研究センターの高尾善希准教授(忍者学)は「日記には旅先から手紙を送ったという記述もあり、伊賀者が情報収集させていた可能性がある」と話している。 この旅日記を書いたのは農民の「坂野佐

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。