田中優子の江戸から見ると – 毎日新聞

田中優子の江戸から見ると
毎日新聞
実は江戸時代初期まで、足袋は革製だった。次第に木綿にとって代わられた。雪の日を描いた多くの浮世絵がある。圧倒的に高い率で出現するのが足駄(高げた)と、それを雪対応に改良した雪げたである。雪げたは、歯の間に雪がたまらないよう、両歯の前の部分を斜めに切ってあるものをいう。この足駄や雪げたを

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。