東北・江戸航路開拓 河村瑞賢生誕400年イベント – 毎日新聞


毎日新聞

東北・江戸航路開拓 河村瑞賢生誕400年イベント
毎日新聞
現在の南伊勢町東宮の貧しい農家に生まれた瑞賢は、13歳で江戸に行き、荷車引きから身を起こして材木商になった。1657年の明暦の大火の際、木曽の材木を使って再建に貢献した。その実績を幕府に認められて公共事業を取り仕切るようになった。東北地方から江戸への米を運ぶ航路として、太平洋側の東回り航

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。