奇習、奇声「カッカッカー」跳ね回る 江戸初期から伝承 – 朝日新聞


朝日新聞

奇習、奇声「カッカッカー」跳ね回る 江戸初期から伝承
朝日新聞
江戸時代初期から伝わる山形県上山市の奇習「加勢鳥(かせどり)」が11日、市中心部で行われ、わらじを履き「ケンダイ」と呼ばれるミノをかぶった「鳥」たちが跳ね回った。 神の化身とされる加勢鳥には、国内外から集まった35人が扮した。独特の掛け声に合わせて跳ね、輪になり踊った。小雨や雪の降りしきる中、沿道から
幸せ願いカセ鳥「カッカッカー」 山形・上山毎日新聞

all 4 news articles »

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。