江戸時代から続く豊川「国府の市」 – 東愛知新聞社


東愛知新聞社

江戸時代から続く豊川「国府の市」
東愛知新聞社
豊川市国府(こう)町の中心部で11日、江戸時代から続く伝統行事「国府の市」が開かれ、多くの人が訪れた。近年は衰退していた国府の商店街だが、町民団体「信楽会」の企画や、市西部区画整理事業で増える町民の効果で大勢の人でにぎわい、復活の兆しを見せた。 旧東海道の県道374号・長沢国府線

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。