和の文化をトリックアートで 江戸の情景などテーマに練馬で特別展 – 東京新聞


東京新聞

和の文化をトリックアートで 江戸の情景などテーマに練馬で特別展
東京新聞
目の錯覚を利用した作品を楽しめる特別展「見て、触れて、撮って楽しむ-トリックアートの世界」が、練馬区立石神井公園ふるさと文化館(石神井町五)で開かれている。二十一日まで。 トリックアートとは、目の錯覚を利用することで、平面の絵画を立体に見せたり、見る角度で印象を変化させたりする不思議なアート作品。特

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。