国宝・姫路城にタカが飛ぶ江戸文化復活へ、腕前披露 – 京都新聞

国宝・姫路城にタカが飛ぶ江戸文化復活へ、腕前披露
京都新聞
世界遺産の国宝・姫路城(兵庫県姫路市)で13日、人の手から手へタカを飛ばす「フライトショー」が披露された。 姫路城では、江戸時代に大名らが楽しんだタカ狩りや飼育する鷹匠の文化を復活させ、観光客に親しんでもらおうとのプロジェクトが進む。 同市は昨年末に雌のタカ1羽を購入。市立動物園の飼育員らがタカを扱う

and more »

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。