県史跡を保護、江戸期の石造覆屋修復 台風で損壊、3年がかり来月完成 豊後高田 /大分 – 毎日新聞

県史跡を保護、江戸期の石造覆屋修復 台風で損壊、3年がかり来月完成 豊後高田 /大分
毎日新聞
豊後高田市教育委員会は、県史跡・福真磨崖仏を保護する「石造覆屋(おおいや)」の修復作業を進めている。県内ではほとんどみられない珍しい構造。同教委の覆屋修復検討会議のメンバーである別府大文化財研究所の山田拓伸・客員研究員らの助言を受け、3カ年かけて修復する作業は大詰めを迎えており

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。