田中優子の江戸から見ると – 毎日新聞

田中優子の江戸から見ると
毎日新聞
日本には江戸だけでもたくさんの聖地があったようだ。水の湧き出る場所や、水の出入り口、川と上水の分岐点、湖沼の出入り口、海と陸の境界が「聖地」となったのである。水とのつながりは金龍山浅草寺、新井薬師の白龍権現など「龍」によって表現されたり、井の頭池や不忍池のように、蛇神とつながる弁財天によって

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。