茨城大ICASと国文研 江戸時代の雨や水害分析 – 茨城新聞


茨城新聞

茨城大ICASと国文研 江戸時代の雨や水害分析
茨城新聞
茨城大(水戸市文京)の地球変動適応科学研究機関(ICAS)と国文学研究資料館(国文研、東京)は5日、同大図書館で共同研究シンポジウムを開いた。江戸から明治時代の水害絵図や資料、天気データを用いた研究成果を発表した。 野沢恵理学部准教授と理学部4年の宮崎将さんは、「江戸時代の梅雨は現

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。