江戸時代のため池、改修本格化 上富田町 – 紀伊民報


紀伊民報

江戸時代のため池、改修本格化 上富田町
紀伊民報
和歌山県上富田町市ノ瀬南岸にある八つのため池の改修工事が本格化している。地震や大雨などの防災と減災を図るため、県が昨秋から進めている。年に1池のペースで改修する。総工費は4億7千万円を見込んでいる。11日には全池を管理する上溝(うわみぞ)水利地域資源保全会が、工事中の大谷池で現場

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。