江戸時代のカステラ 古河 専門学校生が再現 – 茨城新聞

江戸時代のカステラ 古河 専門学校生が再現
茨城新聞
晃陽看護栄養専門学校と晃陽学園高の卒業作品展「雪華の大祭」が3日、古河市東の同校で開かれた。古河藩家老で蘭(らん)学者だった鷹見泉石が日記に記した「オランダ正月」料理のカステラを、学生が再現。来場者は食と歴史への関心を高めながら、販売されたカステラを買い求めた。 陰暦だった江戸時代

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。