江戸のコピーライター・平賀源内の「遊びゴコロ」とは? – AdverTimes(アドタイ)


AdverTimes(アドタイ)

江戸のコピーライター・平賀源内の「遊びゴコロ」とは?
AdverTimes(アドタイ)
平賀源内は「土用丑の日にうなぎを食べる」というキャンペーンを広めたとされる。 「不幸話」は興味を引くための工夫. □平賀源内(1728~79年)「歯磨粉 漱石香」(1769年発売). 「きくかきかぬかの程、私は夢中にて一向存じ申さず」. こんな売り言葉で今どきのお客さんはモノを買ってくれるでしょうか。平賀源内は日本

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。