家康の孫の厨子 江戸初期作か 外国人研究家“発見” – 東京新聞


東京新聞

家康の孫の厨子 江戸初期作か 外国人研究家“発見”
東京新聞
小石川植物園(文京区)近くの寺に、徳川家康の孫をまつる「厨子(ずし)」がひっそりと保管されている。知る人もほとんどなかったが、最近、外国人の江戸建築研究家が寺を訪れ「貴重な江戸初期のものでは」と指摘。日本人が見落としてきた遺産に光が当たりつつある。 【こちらは記事の前文です】. 記事全文をご覧に

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。