江戸時代からあった言葉「バカチョン」が差別用語になった経緯 – ニコニコニュース

江戸時代からあった言葉「バカチョン」が差別用語になった経緯
ニコニコニュース
全自動コンパクトカメラのことを“バカチョンカメラ”と呼んだのは、1980年代までで、その後は差別用語として分類され、現在は放送禁止用語になっている。 三省堂の『大辞林』によると『チョン』は、句読点など以外に《事件はあっけなくチョン(終わり)になった》や《人員整理でチョン(クビ)だよ》とある。また“バカだのチョンだの”という

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。