江戸時代の百科事典といわれる書物「守貞謾稿」に… – 毎日新聞

江戸時代の百科事典といわれる書物「守貞謾稿」に…
毎日新聞
江戸時代の百科事典といわれる書物「守貞謾稿(もりさだまんこう)」に「焼家(やきいえ)」という言葉がある。説明を見ると何のことはない、土蔵造りなどでない普通の木造の家のことである。理由は「火災には必ず焼失す」とみもふたもない△つまり火災が頻発した江戸では家は火事で焼けて当たり前、そうまで言わずと

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。