田中優子の江戸から見ると – 毎日新聞

田中優子の江戸から見ると
毎日新聞
歌だけでなく絵合、扇合、貝合もあり、江戸時代には宝合が出現した。自分が宝だと思っているものを持ち寄り、なぜ宝なのか、その価値観をプレゼンテーションする大会で、語りの優劣を競った。 競うのであれば歌競争とか宝競争といえばよいのにそうはいわない。合わせの目的は、集まることと出会うことだからだ。五輪の

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。