江戸、明治 曳山の職人技 南砺 – 中日新聞


中日新聞

江戸、明治 曳山の職人技 南砺
中日新聞
毎年五月上旬の「城端曳山(ひきやま)祭」に使われる曳山の彫刻やからくり人形を紹介する企画展「曳山 美と技」が、南砺市城端曳山会館で開かれている。江戸や明治期の職人の技術が集約された品々を間近に展示し、美術工芸品としての曳山の魅力を伝えている。三月二十五日まで。(渡辺健太) …

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。