仏教をより身近に!江戸時代のお坊さんが作ったゲーム「浄土双六」が現代に蘇る「浄土双六ペーパークラフト」 – ニコニコニュース


ニコニコニュース

仏教をより身近に!江戸時代のお坊さんが作ったゲーム「浄土双六」が現代に蘇る「浄土双六ペーパークラフト」
ニコニコニュース
浄土双六』は江戸時代に作られたすごろくで、スタート地点、ゴール地点、途中のマス目が「仏教」がモチーフとなっています。スタート地点は人間ですが、マス目を移動するごとに地獄へ行ったり、天界へ行ったりしながら、ゴール地点のほとけを目指すというボードゲーム。 すごろくゲームの中に仏教世界を落とし込ん

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。