糸車使い江戸期の技 「小倉織」のこだわりに触れる 研究会、古文献に当たり製法倣う [福岡県] – 西日本新聞

糸車使い江戸期の技 「小倉織」のこだわりに触れる 研究会、古文献に当たり製法倣う [福岡県]
西日本新聞
北九州市小倉北区の「豊前小倉織研究会」は、小倉織が最も盛んだったという江戸時代と同様の技術で創作活動に取り組んでいる。和綿を栽培し、昔ながらの糸車を使って手作業で糸を紡ぐなど、手間暇をかける。工房を訪ね、こだわりに触れた。 小倉北区中津口1丁目にある研究会の工房には、織り機や糸車など

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。