ゆかりの刀 江戸時代の「清光」「安定」展示 地元の「景国」も 来月、足利学校 /栃木 – 毎日新聞

ゆかりの刀 江戸時代の「清光」「安定」展示 地元の「景国」も 来月、足利学校 /栃木
毎日新聞
同市にゆかりがあるのは、江戸時代末期から明治にかけ活躍した足利の刀工、景国の刀。文久2(1862)年の作で、全長92・6センチ。司馬遼太郎の小説「喧嘩草雲」のモデルになった旧足利藩士の画家、田崎草雲が景国の刀を愛用していたことで知られている。公開される刀は同時期に作られた兄弟刀とみられると

and more »

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。