江戸庶民の「富士講」バスツアーで体験を – 東京新聞

江戸庶民の「富士講」バスツアーで体験を
東京新聞
江戸庶民が富士山を旅した「富士講」を追体験する日帰りバスツアーのPRのため、山梨県世界遺産富士山課の新井達司主幹(56)がしたまち支局を来訪。「四国のお遍路、熊野詣と同様、伝統的な観光を楽しめる」とアピールした。 ツアーは、関係自治体などでつくる山梨県富士山世界文化遺産保存活用推進協議会

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。