回転窓/江戸の「御船橋」づくり [2018年3月28日1面] – 日刊建設工業新聞社

回転窓/江戸の「御船橋」づくり [2018年3月28日1面]
日刊建設工業新聞社
江戸時代に将軍が日光社参や鷹(たか)狩りへと向かう際、川にいくつもの船を連ねて架けた仮橋は「御船橋」と呼ばれたという。どのような橋であったかが分かる貴重な絵図や史料を、千葉県野田市の上花輪歴史館が展示している▽嘉永2(1849)年、鷹狩りのため江戸川に架けられた御船橋は、長さ約131メートル

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。