田中優子の江戸から見ると – 毎日新聞

田中優子の江戸から見ると
毎日新聞
松本幸四郎は江戸時代の1716年から続く名跡で、市川団十郎と並び称された江戸の大スターだ。あるときは息子が、あるときは養子がこの名前を継いできた。襲名は日本独特の芸の継続のしかたである。極めて有効な型の継承方法で、襲名があるからこそ歌舞伎は続いてきた。 90代の母と歌舞伎座の襲名披露公

タグ . ブックマークする パーマリンク.

コメントは受け付けていません。